レビトラはどんな効果がある?

0

レビトラとは勃起不全を改善するED治療薬です。レビトラは、バイアグラの次に登場した勃起不全治療薬です。ドイツに本社を置く、バイエル薬品という製造会社で製造・販売しています。

国内では、2004年に厚生労働省の承認を受けて販売開始されました。オレンジ色の円形が特徴で、中には白い薬剤が入っています。そんなレビトラは、バイアグラやシアリスとはどういった違いがあるのでしょうか。ここでは、レビトラの効果について詳しくご紹介します。

レビトラは、男性機能の勃起不全や、勃起を持続できない方の治療を目的としたED治療薬です。外部からの性的な刺激および興奮により、男性器の自然な勃起を促し、持続力を保ちます。お薬の効果持続時間は、空腹時に服用すれば最低5時間~6時間の効果がみられます。

男性器の勃起は、性的刺激や興奮によって細胞内にcGMPという物質が増え、血管を拡張させることで起こります。しばらくするとcGMPを壊すことができるPDE-5という酵素の働きによってcGMPが壊され、血管が収縮することで勃起が治まります。ところが、EDの場合はこのPDE-5の働きが強すぎるために、勃起する前にcGMPが壊されてしまいます。レビトラはPDE-5の働きを阻害する薬であるため、男性器の勃起を補助する効果があるのです。

レビトラは、勃起状態を維持できない方や、勃起不全に困っている方の悩みを解消するためのED治療薬です。

男性更年期障害の症状「うつ・腰痛・ED」

0

近年になつて、日本でも男性にも更年期があることが注目されるようになってきています。ここで、男性の更年期障害とEDの関係について考えてみましょう。

男性更年期障害が近年になって注目されていると述べましたが、実は紀元前の中国、前漢時代に改訂編纂された中国最古の医学書「黄帝内経」に男性更年期のような症状をあらわした記述が残されています。

「五八腎気衰、髮塑歯槁。六八陽気袞竭於上、面焦、髮鬢頒白。七八肝気衰、筋不能動。天癸竭、精少、腎蔵衰、形体皆極。八八則歯髮去。……今五蔵皆衰、筋骨解堕、天癸尽矣。故髮鬢白、身体重、行歩不正、而無子耳。」意味は以下のとおりです。

「男性は四十歳(五八とは、五X八=四十のこと。以下同じ)になると、腎気(先天の元気で生命エネルギーのこと)は衰えはじめ、頭髮は薄くなり歯には艷がなくなる。四十八歳になると上半身の生気が少なくなり、顔がやつれて、髮ともみあげに白いものが混じる。五十六歳になると肝の機能が減退して、筋肉の動きが悪くなる。生殖機能(天癸)はその機能を徐々に失い、精気は減少し、腎気が減退して体型に変化を生じる。六十四歳になると歯は抜け頭髮もなくなってくる。……今や年老いて五臓の機能はすべて衰え、筋肉や骨格はしっかりと保つことができずに、生殖の機能は完全に尽き果てた。髮やもみあげは真っ白となり、体は重だるく、足元もおぼつかなくなって、もはや子どもをもうけることはない。」

このように、男性の機能が次第に衰退していく様子が詳しく説明されています。生命エネルギーの滅少についての古人の銳い洞察力は現代にも十分通用します 。

一方、日本で更年期という言葉が最初に活字になったのは、1905年から翌年にかけて新聞に連載された小栗風葉の小説『青春』でした。年齢と共に誰にでも訪れる更年期。そしてその時期に体の不調に見舞われることは、従来から一般的によく知られていたのです。しかしそれは女性特有の症状というイメージが強く、最近になって男性更年期による症状が医学的にも認められるようになったのは、先進国を中心とした高齢化の進行にともなう健康增進や予防医学への取り組みが国の重要施策として考えられはじめたことが大きく影響しています。

これまでの我が国の医療では更年期におけるセクシュアリテイーへの関心は低いと言わざるを得ず、特に性そのものに対する医学的研究はほとんどおこなわれてきませんでした。ところが、最近になって欧米をはじめとして夫婦間の性的な問題と更年期の関係が急速にクローズアッブされるようになってきました。

それによると、「夫婦関係が性的にアクティブであるほど、夫と妻の更年期症状は比較的軽い傾向にある」というのです。もしそれが事実ならば夫婦間のたゆまぬ性生活がお互いの間係を親密にする以上に、医学的に更年期の障害をふたりで乘り越える意味で
、性の問題への積極的なアブローチが大いに望まれるところです。

また、男性更年期障害の問題も中商年男性における性的な関係を含めたの増進と、QOLの改善に関係すると考えられます。男性更年期障害は現在ではLOH症候群ともいわれており、「典型的な症状、すなわち造精機能の低下や性機能障害と、血中テストステロン値の低下で特徴づけられる、加齢にともなう臨床的、生化学的症候群」と定義されています。

男性更年期障害の症状は精巣で生産されるテストステロンの分泌通が滅少する他に、下垂体および副腎の内分泌機能の低下、さらには自律神経の中枢である視床下部や情動の中枢としての大脳辺縁系での機能低下も関連していると考えられます。

では、男性更年期障害の症状にはどのようなものがあるか見ていきましよう。

1精神・神経症状=うつ(不眠)

2身体的症状=腰痛(疲労倦怠感)

3性機能障害= ED(排尿障害)

男性更年期障害の三大症状はズパリ「うつ・腰痛・ED」です。四十代から六十代の男性にはこれらの症状はどれも心当たりがあるのではないでしょうか。中てもEDに代表される性機能の低下を訴える患者さんは多いと考えられます。

某医科大学泌尿器科での受診結果を見ても、性欲の低下が76%、勃起障害は86%に認められたとあり、実際に男性更年期障害ではEDの訴えが深刻であるケースは少なくないようです。

男性更年期障害の症状とよく似た疾患に「自律神経失調症」がありますが、うつ病でない限り性欲の低下あるいは勃起障害や射精障害など、性機能に関連した症状が目立つことはあまり多くはないのです。

ぼっき不全充血問題を解決

0

ぼっき不全の患者たちは充血の問題がありますか。当サイトでは、ぼっき不全の充血問題と解決方法について完全にご紹介いたします。その問題から困られている男性たちはぜひご覧になってください。

「十分に充血できない」「持続できない」など悩みはほかの人になかなか相談できないこともあり、ぼっき不全に悩む人の実態や実数を正確に把握することは難しいですが、いくつかの疫学調査をもとに試算すると、日本では約1100万人程度の男性がぼっき不全の悩みを抱えていると言われています。

ぼっき不全は年齢の差別に関せず、各年齢でもぼっき不全(ED)になる可能性もあります。だから、1100万人の一員にならないように是非、ぼっき不全などの病気を避けください。一方、もしこのような病気を持つなら、あまりにも心配しないで、充血薬、ぼっき不全(ED)治療精力剤などを使用して克服してください。

ぼっき不全(ED)は治せない病気ではありません。根本解決を目指すなら、自身に起こった充血問題を解決するのが重要なことです。糖尿病の方は食事に気を配りしっかりと治療すること、ストレスからぼっき不全になった方は十分な休みを取ることによって健康な状態になることです。

しかし、手早くぼっき不全(ED)を治せたいなら、充血薬や充血促進剤がもっと効果的です。ぼっき不全(ED)には充血薬が効果的だと前述しましたが、ぼっき不全治療の成功率は有効成分の異なるによって異なります。ぼっき不全治療の薬をもっと知っておけば、治療の成功率も高くなります。

数年前まで充血薬と言えばバイアグラのことを指していましたが、今ではさまざまな充血薬が登場しています。もし知らずに実際に購入しようとすれば、どれがどう違うのか分からず迷ってしまうと思いますのでこちらでご説明します。

出典:http://crivitzlandcondos.com/jyunketsu.html

勃起不全治療薬について

0

当サイトでは、人気な勃起不全治療薬ペニソールと三体牛鞭(三體牛鞭)について完全紹介いたします。その二つの治療薬の基本情報、成分、効果などについて全部掲載しておりますので、ぜひご覧になってください。

ペニソールとは、13種類の天然成分で製作され、ペニス増大以外にも、海綿体組織への血流を増加し、勃起力や持続力・回復力などED全般に効果があります。さらに持続力も増し、パートナーもさらなる快感が得られます。ペニソールには継続力の増加、精力増強、早漏防止の効果も含まれてると言われています。

ペニソールの主要成分とは、ハッショウマメ、シラジット、ヴィダリカンド、カモミール、サフラン、ヒヨスなどがあります。ペニス増大、持続力アップ、持続時間延長などには非常に効果があります。服用方法も簡単で、食事や食後関係なく、1日2錠を朝晩に分けて水またはぬるま湯で服用することでいいです。

三体牛鞭(三體牛鞭)は黄牛鞭、高麗人参、鹿茸など漢方素材を主原料として伝統漢方医学原理に基づいて製造された精力剤です。三体牛鞭(三體牛鞭)は主に勃起不能、早漏、性欲減退、性交過多、性機能障害、倦怠感、腰や足が痛いなどには非常に効果的なのです。主要成分は黄牛鞭、高麗人参、鹿茸などがあり、効果が高いと同時に、副作用もすくなく、体には悪い影響がそれほどないということです。

服用方法も結構簡単で、セックスの1時間前に1〜3錠を服用することでいいです。ただし、心臓病、糖尿病患者が服用する前に、お医者に相談してください。また、効果効能については個人差がございます。合わない場合は直ちに利用を中止し、医師に相談してください。

勃起不全とは?|影響と原因

0

勃起不全とはどんな病気なのですか。当サイトでは、勃起不全の基礎知識について完全紹介いたします。勃起不全の定義、影響、治療方法について全部掲載しておりますので、ぜひご参考になってください。

ED勃起不全は性交渉をするための十分な勃起が得られない場合や、勃起を維持できないために性交ができない状態を指します。最近ではED(Erectile Dysfunction)と呼ばれています。

ED勃起不全は、男性の性機能障害の一種であり、男性の陰茎の勃起の発現あるいは維持のできないため相手に満足に性交の行えない状態、または性交時に有効な勃起が得られないため満足な性交が得 られない状態、通常性交の75%以上で性交が行えない状態のことをED勃起不全といいます。

勃起不全の影響も深いのです。一つは、夫婦が完璧なセックスができないで、夫婦関係には悪い影響をもたらします。日常生活にも必ず影響してしまいます。二つ目は、男性としての自信が損になります。精神状態が崩れ、逆に仕事にも影響します。また、理解してもらわない奥さんから文句言われたケースも多いです。こういうことが続くと患者さんの心に影が残っていて、次回のセックスに緊張やストレスでより一層できなくなる可能性も高いです。

原因もいくつかあります。まずは、心理的なストレスの原因で、勃起不全になります。ストレス、不安、うつなどの心理的な要因はEDの重要な原因です。二つ目の原因は、神経や血管の原因での勃起不全です。例えば、高血圧や糖尿病など、身体的な原因で起こる器質性EDがあります。三つ目の原因は、年齢と病気が関係がなく、ただの生活習慣病での勃起不全です。