レビトラはどんな効果がある?

レビトラとは勃起不全を改善するED治療薬です。レビトラは、バイアグラの次に登場した勃起不全治療薬です。ドイツに本社を置く、バイエル薬品という製造会社で製造・販売しています。

国内では、2004年に厚生労働省の承認を受けて販売開始されました。オレンジ色の円形が特徴で、中には白い薬剤が入っています。そんなレビトラは、バイアグラやシアリスとはどういった違いがあるのでしょうか。ここでは、レビトラの効果について詳しくご紹介します。

レビトラは、男性機能の勃起不全や、勃起を持続できない方の治療を目的としたED治療薬です。外部からの性的な刺激および興奮により、男性器の自然な勃起を促し、持続力を保ちます。お薬の効果持続時間は、空腹時に服用すれば最低5時間~6時間の効果がみられます。

男性器の勃起は、性的刺激や興奮によって細胞内にcGMPという物質が増え、血管を拡張させることで起こります。しばらくするとcGMPを壊すことができるPDE-5という酵素の働きによってcGMPが壊され、血管が収縮することで勃起が治まります。ところが、EDの場合はこのPDE-5の働きが強すぎるために、勃起する前にcGMPが壊されてしまいます。レビトラはPDE-5の働きを阻害する薬であるため、男性器の勃起を補助する効果があるのです。

レビトラは、勃起状態を維持できない方や、勃起不全に困っている方の悩みを解消するためのED治療薬です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です